読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*iroi*

mechairoi の Blog

kyoto.js #5 で Emacs から WebSocket で Google Chrome を操作する拡張について発表しました。 #kyotojs

emacs

先日開催された Kyoto.js #5 で LT をしてきました.

crxel

Emacs から Google Chrome を操作する crxel というライブラリを作っているので発表しました. 今回の発表ではこのライブラリを使ったデモとして

を紹介しました. google-eldoc.el は全く役に立たないのですが, Emacs の操作にフックして Google Chrome を操作できると何か便利なことができそうな気がしています.

Motivation

Emacs には既に swank-js という Emacs から javascript の repl などが使えて javascript を使ったページを便利に開発できるものがあります. これは node.js で立てた WebSocket サーバに, ページ中の javascript から接続しておいて, Emacs から node.js のプロセスに送信した文字列をページ内で eval することで実現しています.

今回作った crxel もほぼ同じ仕組みで, javscript の コードはほとんど swank-js から流用させてもらっています. crxel は Emacs で直接 WebSocket サーバを立てている点と, Emacs から Google Chrome を操作することを目的にしている点が swank-js と異なっています.